• background image
    background image
    background image
    background image
    background image
  • TOPメッセージ

    broken image

    アグリゲートは「未来に"おいしい"をつなぐインフラの創造」というミッションを掲げ、古くからある産業である食流通産業において、改めてこれからの未来に必要となる「インフラ」となるサービスや構造をつくるべく、これまで事業に取り組んで参りました。

    2013年10月から運営している都市型八百屋「旬八青果店」は、変容していく地方や都市の在り方に対応しながら、都市の多様なライフスタイルの方々が豊かな食生活をサステナブルに享受するインフラとなれるように育んでいるサービスです。

    2018年には店舗数は20店舗近くまで拡大しておりました。けれども、ミッション実現のためのサイズダウンを2019年に意思決定し、店舗数を含み組織自体をビジネスモデルを維持できるギリギリの大きさまで縮小しました。そして、2023年までの約5年間をサイズダウンの期間として過ごしました。会社にとっても個人にとっても、一見回り道ではありましたが、この期間が今後の取り組みにおいて必ず糧になると考えております。

    創業当初から掲げている、「地方経済を活性する」「都市の食生活を豊かにする」「食農業界で働く人の報酬を向上する」は、いずれかひとつだけの解決は難しく、3つを同時に解決しようとするからこそ実現できるものだと益々確信をもっております。

    想いは変わらずも、思考や行動は柔軟に。「食農業界の常識を疑い、新しい経済を創造する」という社是を引き続き掲げ、アグリゲートのミッションビジョンの実現に取り組んで参ります。

     

    代表取締役CEO

    左今 克憲

  • NEWS

    2024年4月1日

    月間「販促会議」2024年5月号にて、『新興ブランドの販促戦略』として弊社の出店戦略を取材いただきました。

    2023年11月11日

    テレビ東京「週刊ビジネス新書」 “発想の転換で勝てる実店舗経営”企画で旬八青果店を取材いただきました。

    2023年8月6日

    8月8日(火)19時半より、株式投資型クラウドファンディングの募集を開始いたします。

    →締切前に募集上限額6000万に達し、早期終了しました(8月28日)

    2023年7月20日

    東京メトロさんが毎月20日発行されているフリーペーパー「メトロミニッツローカリズム」の8月号(No.248)に、アグリゲート/旬八青果店を掲載頂きました。

  • Mission

    未来に“おいしい”をつなぐ

    インフラの創造 

     

    社会環境が目まぐるしく変わっていく中で、消費地と産地の課題を解決していくために、これまでのインフラではまかないきれない部分が出てきていると考えます。インフラの創造とは、これからの社会構造の変化に対応しうる新しい機能を今まで先人が築いた土台へと重ね、SPF(製造・流通・小売業)、HR(ヒューマンリソース)、PR(地域活性)の3つのサービスにおいて、既存のリソースを活用しながら新しい仕組みを創っていくというものです。将来的に事業という形で成長させ、私たちが「未来に“おいしい”をつないでいく存在」であり続けるためにをミッションとして掲げています。

  • Vision

    Vision 2027 /2027年11月期

    旬八青果店ブランドを都市と地方を繋ぐメディアとして浸透させる。

    東京において、都市型小型青果店舗のビジネスモデルが確立し、仕入先、働くメンバー、お客様が3 方良しで繋がっている。また、「旬八青果店」ブランドが都市と地方を繋ぐメディアという認知を得ており、様々な商品や地域のブランディング・PR も行っている。

    Vision 2032 /2032年11月期

    旬八青果店ブランドを都市と地方を繋ぐメディアとして、アジアの主要都市へ進出を行う。

    日本や東南アジアの都市において都市型小型青果店舗展開を行う。また、商品や地域のブランディング・PR を行うメディアとして影響力を持っており、食業界で活躍する事を目指す個人や企業への教育や仕組を提供し、食業界の発展に寄与する企業となっている。

  • 社是

    食農業界の常識を疑い、

    新しい経済を創造する

     

    昔からあるこの業界において、長い間培われてきた常識はたくさんあります。そのまま踏襲し続けると、不具合が出たとしても改善ができないまま、変えていくことはできません。今までの慣習はしっかり学びながらも、それが正解ではないと常に言い聞かせ、当たり前を疑い、新たな発想で改善を行い続けることが必要だと考えます。新しい概念を取り入れ、業界の常識を常識とせず、関わる人たちのそれぞれの視点に立って問い直すこと、そして今までにない新しい経済を作ることを会社のスタンスとして大事にしています。

  • 会社概要

    会社名

    株式会社アグリゲート

    設立

    2010年1月

    資本金

    1億4,843万1,500円 

    ※2024年3月1日現在。資本準備金は含めていません。

    代表取締役CEO

    左今 克憲

    社外取締役

    山下 昌一郎(一般財団法人雲孫財団事務局長)

    社外取締役

    松本 浩平(オイシックス・ラ・大地株式会社 取締役)

    社外監査役

    水上 直人

    従業員数

    社員(契約社員含):21名

    パート・アルバイト:22名
    ※2024年3月1日現在

    所在地

    〒140-0002

    東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲1F

     

    (大崎広小路オフィス:〒141-0031 東京都品川区西五反田1-19-4 B棟)

    主要取引銀行

    三井住友銀行、日本政策金融公庫、横浜銀行、商工中金

    事業内容

    旬八青果店を起点としたSPF事業(仕入・物流・製造・販売事業)、HR(ヒューマンリソース)事業、PR地域活性事業

    沿革

    • 2009年2月 個人事業主としてアグリゲート創業
    • 2010年1月 個人事業から株式会社化し、株式会社アグリゲート設立
    • 2013年10月 SPF事業を中心とした、アグリゲートの本格事業化 「旬八青果店」の運営開始
    • 2015年3月 SMBCアグリファンドに対して第三者割当増資実施
    • 2016年8月 REAPRA VENTURESに対して第三者割当増資等実施
    • 2016年12月 JAグループとの連携を目的としてJA全農に対して第三者割当増資の実施
    • 2017年9月 生産法人、食農関連企業、地方自治体、との連携を目的として農林中央金庫に対して第三者割当増資の実施
    • 2018年9月 CRMを活用したサプライチェーンのIT構築と強いリテール創造のためのパートナーシップのため三井物産に対して第三者割当増資の実施
    • 2019年8月 企画や自社仕入の食材利用は継続しつつ、お弁当の製造業務を社外委託
    • 2019年12月 SPFの仕組化(教育・IT化の整備)のため、店舗数減
    • 2024年2月 食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社の連結子会社となる
  • (株)アグリゲートについて

    broken image

    代表取締役CEO

    左今 克憲 

    東京農工大学農学部卒業。 2007年3月、食農領域で起業を志しながらも、営業経験と人材マーケットでの食農業界の状況を体感するため総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(現パーソル)に入社。同社2009年1月退社、2009年2月にアグリゲートを個人事業として創業し(2010年1月から株式会社化)、当初は農業生産法人の社長の付き人や食農領域における政策提案のサポート業務を行い、業界慣行・動向を学ぶ。2013年10月にSPF事業である「旬八青果店」を開業し、現在に至る。 

    broken image

    社外取締役

    山下 昌一郎

    東京大学農学部卒業。2006年株式会社エス・エム・エス入社後、IPOプロジェクトリーダー、経営企画、事業責任者等に従事。株式会社アグリメディア取締役等を経て、2023年より現職(株式会社ファブランス代表取締役)

    broken image

    社外取締役

    松本 浩平

    1984年神戸市生まれ。東工大大学院技術経営専攻卒。2008年、旧オイシックス(現オイシックス・ラ・大地)に新卒入社。メディアや海外事業などの新規事業開発や、リクルート社との事業資本提携などを担当後、2012年より経営企画部で新規株式公開やIR、事業資本提携、ベンチャー投資、M&Aを担当。2018年より取締役 執行役員。

    broken image

    社外監査役

    水上 直人 

    中央大学経済学部卒業。立教大学コミュニティ福祉学研究科前期博士課程中退。

    2007年株式会社インテリジェンス(現パーソル)入社。退職後、地域医療を行う医療法人の経営管理等に従事し、2018年より現職(医療法人賛永会 統括本部長)